タイヤ打ち込み台を作ってみた

ここ半年ばかり、剣道に集中するために空手をお休みしています。
鏡で自分の身体を見てみると、腕や胸や肩などは以前とはちょっとシルエットが変わってきました。
身体の背面に筋肉がついてきた感じです。
空手用の筋肉が落ちて、剣道用の筋肉がついてきたようです。


そこでしばらくぶりに空手の動きをしてみると、どうもイメージ通りの動きが出来ません。
以前は頭と身体が一致していたのに、いまは頭に身体がついてきません。
身体能力そのものは以前よりアップしていると思うのですが、身体のバランスが以前と随分変わってしまったようです。
空手と剣道では使う筋肉が違うようで、使わない筋肉は落ちてしまうんですね。


やっぱりちょっとずつでもやらないと、身体が衰えるんだなぁ。
せっかく続けてきた空手、このままでは錆付いちゃいます。
そのためにも、基本稽古や型だけでも毎日やるべきなんですね。


img_1281671_33763510_0
剣道のほうは稽古日の稽古の他に、家で素振りをしていました。
でもこの度、素振りだけでは飽き足らず、打ち込み用のタイヤを設置してしまいました。
毎日朝夕に木刀で打ち込みをしています。
これで
・胸を張る
・腰で打つ
を心がけて打っています。


空手と剣道、何とか両立させたいものですが、時間や体力の関係上、なかなか難しいものがあります。
動きや概念が違う2つの技術を同時にやると、変に混じってしまうのも悩みどころ。
はてさて、どうしたものか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です